明るいというより、日本人にあっているものが好きなのでしょうね

明るいというより、日本人にあっているものが好きなのでしょうね
というより、僕はアップテンポや明るい音楽を好む所があり、余り自分たちの感覚が入りすぎたものって、曲調によっては好まない所があるのかもしれません。
日本人って、そういう所はあると思います。
例えば、AC/DCのファンって、あのロックが分かりやすいから好きだという部分もあるのだと思っています。
まあ、僕に関してはアップテンポ、明るい音楽です。

しっとりとした暗いものって、好まない所がありますね。
それより、愉快で元気が出るもの、これずっとそうだなと思いましたね。

とか言いながら、津軽三味線に、日本人の音楽オタクがはまっていくのは、青森県民の負けてたまるかという力強さが好きなのではないでしょうか。
まあ青森県民全員そうというわけではありませんし、津軽民謡にも暗いものはありますけれどね。

十三の砂山や鯵ヶ沢甚句というものが好きなのも、日本人の心にはとっても良いのかもしれませんね。
って、聴いていたら、サラ金のCMが動画に流れていました。
そっちの方がいやですね。